動画の製作

動画の製作

世界一周の船旅をした時、友達のサトがオーバーランドツアーでケニアのサファリに行き、そこで見た沢山の動物のビデオで撮りためてきた。それを一本の動画にすることを頼まれた。動画など製作したことのない私であったが、断り切れず、悪戦苦闘しながら3人(サトと仙福さんと私)で指定期日までに仕上げた。これが大好評であつた。そのあと、責任者の澤口佳代さんから2本目は上野さんの題材で製作して下さい。そこで、「地球一周の船旅」と題して16分の映画を製作した。その後、仲間で沖縄に行き、3本目を製作、仙福さんがスペイン、英国及びニュージーランドに旅行したことで、スペインのサンティアゴ巡礼、英国語学研修、二ージランド・トラッキングの動画を製作した。また、今務めている会社で、新築工事、塗装工事、トイレ交換工事の動画を製作した。私自身では、中山道ウオーキング&自転車の旅を現在製作している。


  • 動画の製作


今回の動画製作は個人向けのものです。個人で旅行に行かれた時に撮影された写真およびムービをもとに1本の動画を製作します。動画には写真・ムービーとともにそれを説明するタイトルをつけ、ナレーションおよびバックグラウンドミュージックも雲込みますので形式は通常の映画と同じになり、何ら説明をすることなく製作した動画を見て頂ければ、それだけで内容を掴むことができます。


  • 動画の製作手順


動画の製作手順

  • 動画の作成ツールの紹介



私が一番最初に使用した動画編集アプリケーションは、ファイナルカット(Final Cut)である。このソフトは映画を製作しているプロの人達でも使用しているソフトで、とても使いやすかった。ただ問題なのは、Mac版だけしかない。Windows版はないのである。世界一周から帰国してからは、Windows版のMAGIX Movie Pro MX3を使用していたが、現在はCyberLink社のPowerDirector 16を使用している。以前使用していたファイナルカットにも劣らぬアプリケーションだと思っている。中でも、PowerDirector 16で採用された「オーディオ ダッキング機能」が素晴らしい。動画内の音声を検出し、BGM の音量を自動的に下げて、会話をはっきりと聞きとりやすすることができる。今までは手動で設定するため、かなりの時間を費やしていたが、この機能を使うと1クリックで出来上がり、余計な時間を使用することがなくなった。

ナレーションの作成アプリケーションは株式会社のスカイフィッシュのJukeDOXをを使用している。最新バージョンはJukeDox3である。ナレーションの音声も男女が用意されているので、動画シーンに合わせて使用している。

写真の画像修正にはキャノンのEOSを使用している関係上、Digital Phot Professinal 4を使用し、トリミング、画像の角度調整、画像の明暗の調整。又、写真の画像の修正にはアドビのフォトショップも使用している。例えば余計な画像の削除、風景写真では電線の削除、画像の解像度を落とす場合、奇麗さを温存しながら解像度を下げることができる。

動画が作成するのにタイトルやシーンの説明用画像をキャプチャすることがある。その時にその画像を劣化を最低限に抑えるキャプチャーがある。それはNGWINが提供しているPicPickである。最新バージョンは4.26である。無料版でなく有償版である。私が知る限り画像の劣化は極めて少ない製品である。当然これ以上の製品が出れば乗り換える。


  • 写真の選択と編集


PCのデスクトップに今回の動画作成用のフォルダーを作る。例えば旅行の動画で行先は沖縄だとすると、フォルダーは沖縄旅行とし、サブフォルダをオリジナルと編集を下記の様に作成する。 沖縄旅行  オリジナル  編集 オリジナルに今回の旅行で撮影したすべての写真を入力する。スマホとかカメラから写真データを移動させることである。 移動させた後は、スマホ又はカメラの中の沖縄で撮影した写真データは削除する。なぜオリジナルデータに全ての写真を入れておくかというと、万が一後から、たしかあの写真も必要だと思っても削除していないからいつでも取り出せる。 全ての写真の中から動画に使用する写真のみを編集ホルダーにコピーする。これが写真を選択するということである。 そのあと選択した写真に少し傾きがあるとか、少し暗いとか、不要な部分を削除したいときがある。その場合には写真の編集をして修正することが必要になる。


  • ムービーの選択と編集


写真の選択と編集と同様に撮影したムービーもどれを入れるか選択しなければならない。動画の編集とは動画の中身を編集することは一般には難しい、私の場合には撮影したムービーの長さをカットするだけだけであるから、カットを含めたムービーの編集は動画製作アプリケーションの方で行う。


  • ナレーションの作成


製作する動画の中にナレーションを入れるとインパクトのある動画になる。 聴覚情報は視覚情報に次いで印象に残りやすいと言われており、動画にナレーションを入れることによって視覚と聴覚を同時に刺激でき、より作品を印象深いものにすることができるようになる。 ナレーションの作成は、まず原稿を作る必要がある。その原稿をもとに人がマイクに向かって発生するやり方と、コンピュータによる音声合成にてナレーションを作るやり方があるが、ここでは音声合成する場合について記述する。 動画の製作ツールの紹介の所で紹介したJukeDox3 Expartを使用して作成する。 JukeDox3 Expartを使用するうえでのポイントを挙げると、

● ナレーションを発生する人、男性か女性かを選択
● ナレーションスピードを設定
● 地名等につて独特の読み方があるものは、事前にその単語をユーザ登録しておく
● 文章をコピーペーストして、ナレーションを聞いて問題ないかどうかの確認
● ナレーションに問題がある場合には、文章を訂正し再度ナレーションを聞く

ナレーションを良ければそれを音声ファイルとして登録する。


  • BGMの選択


BGMとは動画のバックグラウンドミュージックのことである。映画の世界では、その映画に合わせたバックグラウンドミュージックを作曲者に依頼する。しかも状況に合わせて何曲ものバックグラウンドミュージック作曲する場合が多い。 個人的に作る動画ではそこまでお金を投入できないのが一般的である。その時は、作る動画に合わせて使用する曲を選択する。 但し、自分自身だけでその動画を見る場合に限る。つまり使用する音楽が著作権がある場合である。間違ってもネットに投稿することは出来ない。無断で著作権を侵害したと訴えられる。ネットで投稿する場合とか他人に挙げる場合のBGMの選挙区は著作権の無いフリーの音楽を使用する必要がある。的確なBGMを入れるとその動画がより楽しめるものになることは間違いない事である。


  • メディアの製作


作成した動画を一般的なビデをプレーヤ―等で見る場合はDVDメディアを作る必要がある。

動画フィルの種類

MP4 最新の機器ならば殆ど対応している
MOV(Quick Time)Apple社が開発した音楽や動画を再生
VOB DVDに書き込まれたファイルのことでレンタルされているDVDのことです。

このほかにも沢山のフォーマットがあります。上記の3つを押さえておけばいいと思います。 この3つのフォーマットで出力は、動画の製作ツールで紹介したPowerDirector 16であれば簡単に製作することができる。